キャッシング即日、テレビで見るような酷い取り立てはある?

キャッシング即日、テレビで見るような酷い取り立てはある?

一度もキャッシングを利用したことがない方の中には、テレビドラマで見るような恐ろしい取り立てを心配している方もたくさんいるようです。
電話連絡なしで即日融資キャッシングを利用するには?

ある日突然怖いお兄さんたちが押しかけてきて、家庭がめちゃくちゃになってしまうのではないかと不安に感じている方もいるでしょう。取り立てが行われるのは借金の返済が遅れてしまった場合です。そのため、毎月きちんと返済をしていれば取り立てられることもないので安心しましょう。

それから、まともな業者から借り入れを行っていれば悪質な取り立ては一切ありません。 返済の催促が行われることはあったとしても、ある日突然夜中に何の連絡もなく自宅を訪ねてくるようなことはないのです。

なぜかというとこれには貸金業法という法律が関わっています。キャッシング業者のように貸金業を営んでいる業者は貸金業法という法律を守って運営をしなければなりません。

その法律の中で21時から朝8時の間に正当な理由なく取り立てすること、大人数で押しかけること、家に張り紙をしたり勤務先を訪問すること、暴力的な態度をとったり罵声や暴言を浴びせること、第三者への取り立てなどが禁止されています。

仮にこのような取り立てが行われた場合、その業者は貸金業法に違法しているということになってしまいますよね。そうなると営業停止処分などの厳しい罰則が科せられるため、どの業者もしっかり守っていきます。

連絡もなく返済をしたり、電話やはがきでの催促を無視していると自宅まで取り立てに来てしまうことがありますが、その場合も脅すような形ではなく、丁寧な口調で対応してもらえるのでそれほど心配する必要はありません。

一般的には返済が遅れると2、3日で電話がかかってくるようになり、ここで返済の予定を伝えられればその期日を過ぎるまで催促されることもないのです。

この電話無視したり1週間以上返済が遅れてしまうと毎日電話がかかってくるようになります。 それでも無視をしていると職場に電話がきたり、直接訪問という形になってしまうので、どうしても返済が難しい場合は必ず相談をしましょう。

クレジットカードのキャッシング枠について

キャッシングを利用する方法としては新規でキャッシング業者に申し込みする方法のほか、クレジットカードについているキャッシング枠を利用するという手もあります。多くのクレジットカードにはショッピング枠のほか、キャッシング枠が設定されていますよね。

買い物をした時にクレジットカードのショッピング枠で決済をしたことがあるという方の中には、キャッシング枠に手をつけていないという方もいるかもしれません。ですが、キャッシング枠が残っていると思っていたのにいざ使おうと思ったら使えなかったというケースもあります。

その理由として考えられるのが、キャッシング枠がショッピング枠に含まれていることを知らずに利用していたということ。

例えば、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円のカードでは、ショッピングを30万円分してしまうとキャッシング枠がゼロになってしまいます。 この仕組みをよく理解し、キャッシング枠とショッピング枠を上手に使い分けると良いでしょう。

返済方法についてはクレジットカードのキャッシング枠とカードローンでは違いがあります。 まず、クレジットカードを使ったキャッシングは翌月1回払いとしているところが多いです。 ショッピングの利用分と一緒に毎月決められた支払日に引き落とされます。

それに対し、カードローンはリポ払いが一般的です。金利についてですが、こちらはクレジットカードでのキャッシングが18%と定められているところが多いのに対し、カードローンは10~18%と異なります。また、これらの大きな違いとして、カードローンはショッピングに利用できません。

お金が足りなくなってしまい消費者金融の利用を考えていたという方も、現在持っているクレジットカードにキャッシング枠がついていれば、すぐに借入が可能です。急な出費があった際にも役立つので、キャッシング枠のついたクレジットカードを一枚持っておくと安心ですね。

ただ、クレジットカードについているキャッシング枠はカードローンの枠などに比べると小さく、大口の融資には向いていません。

キャッシングの金利について相談・交渉できる?

通常、消費者金融からお金を借りた場合、金利は業者側が定めているものが適用されます。 ですが金利に関して交渉ができるという噂を聞いたことはないでしょうか。

残念ながら全ての会社に対して交渉ができるわけではないようですが、場合によっては業者側から金利を下げると提案されることもあります。

その理由として挙げられるのが、金利を下げることによって債務整理をされてしまうリスクを減らすことができるということ。特に多重債務をしている方は毎月の返済がいっぱいいっぱいになってしまうことも多く、債務整理によって借金を減額したり、免除するという方法を取ることがあります。

消費者金融からすればこれが一番怖いことなので、そのような状態になりそうな方に対して金利を下げ、貸し倒れのリスクを小さくしているのです。

ただ、実は金利交渉ができる消費者金融であったとしても「うちでは金利交渉ができます」と大々的には宣言していません。なぜなら、そのような宣言をしてしまうと融資を受けている多くの方から金利交渉が殺到してしまう可能性があるからです。

金利交渉をするタイミングについてですが、返済を滞納してからというのはおすすめできません。そうではなく、滞りなく返済を続けている中で交渉をするのがおすすめです。

金利が交渉できるといっても、ほんの数パーセントだろうと考えている方もいるかもしれませんが、中には金利ゼロが認められたという方もいるようなので、成功すれば総合的な返済額にかなりの違いが出てきます。

もちろん、初めからできるだけ金利が低いところで借りるというのが一番おすすめなのですが、金利の高い業者で借りた場合には交渉をしてみるのも良いですね。

このままでは返済が困難になってしまう可能性があるということ、金利を下げてもらえれば滞りなく返済できそうであるということを伝えてみてはどうでしょうか。とにかく返済が難しいことばかりをアピールしてしまうと、金利を下げてもまともに返済してくれないのではないかと思われてしまいます。

このページの先頭へ